どんな制度?

どのような患者さん
助成を受けられるの?

潰瘍性大腸炎の患者さん
厚生労働省が定める診断基準を満たす方が対象となります。

患者1
助成を受ける条件
軽症高額の詳細は、こちら
臨床的重症度による分類
重症 中等症 軽症
1 排便回数 6回以上 重症と軽症の中間 4回以下
2 顕血便 (+++) (+)~(-)
3 発熱 37.5℃以上 37.5℃以上の発熱がない
4 頻脈 90/分以上 90/分以上の頻脈なし
5 貧血 Hb10g/dL以下 Hb10g/dL以下の貧血なし
6 赤沈 30mm/h以上 正常
重症度
軽 症:
上記の6項目を全て満たすもの
中等症:
上記の軽症、重症の中間にあたるもの
重 症:
1及び2の他に、全身症状である3又は4のいずれかを満たし、かつ6項目のうち4項目を満たすもの
難病情報センターWebページ: https://www.nanbyou.or.jp/entry/2182021年6月現在からの転載

クローン病の患者さん
厚生労働省が定める診断基準を満たす方が対象となります。

患者2
助成を受ける条件
軽症高額の詳細は、こちら

IOIBDスコア
1項目1点とし、2点以上 医療費助成対象となります。

活動度による分類 (IOIBD)
1 腹痛
2 1日6回以上の下痢または粘血便
3 肛門部病変
4 瘻孔 (炎症で腸管に穴が開き、近くの臓器とつながってしまった状態)
5 その他の合併症
6 腹部腫瘤 (腹部を触ったとき、こぶのようなものがある)
7 体重減少
8 38℃以上の発熱
9 腹部圧痛 (腹部を押したときに痛みがでる)
10 10g/dL以下のヘモグロビン (貧血)

どのような助成受けられるの?

  • 医療費の自己負担割合が2割になります

  • 医療費に自己負担の上限が設定され、上限以上の支払いは不要となります

自己負担の上限額についてはこちら
助成の対象となる医療費
潰瘍性大腸炎またはクローン病にかかる費用と、それに関連して発生する 以下の医療費
ただし、指定医療機関で受けた医療のみが対象となります。
  • 病院または診療所での診察や治療代
  • 薬局等でのお薬代
  • 病院や訪問看護ステーションからの訪問看護や訪問リハビリの費用
指定医療機関とは?
都道府県から指定を受けた医療機関です。
指定医療機関は、都道府県のホームページで確認することができます。
助成対象者イラスト

自己負担上限額とは

世帯の所得に応じて、1ヵ月あたりの自己負担の上限額が設定されます。
上限額を超えた分の医療費が公費で支払われるので、上限額以上は払う必要がなくなります。
自己負担の上限額は世帯収入によって異なります。世帯収入ごとの上限額を下の表に示します。
医療費助成における自己負担上限額 (月額/単位: 円)
階層区分 階層区分の基準
( )内の数字は、夫婦2人世帯の場合における年収の目安
患者負担割合:2割
自己負担上限額(外来+入院)
月次の総額
一般 高額かつ長期*1 人工呼吸器等
装着者*2
生活保護 - 0 0 0
低所得
I
市町村民税非課税(世帯) 本人年収~80万円 2,500 2,500 1,000
低所得
II
本人年収80万円超~ 5,000 5,000
一般所得
I
市町村民税課税以上7.1万円未満(約160万~約370万円) 10,000 5,000
一般所得
II
市町村民税7.1万円以上25.1万円未満(370万円~約810万円) 20,000 10,000
上位所得 市町村民税25.1万円以上(約810万円~) 30,000 20,000
入院時の食事 全額自己負担
*1 「高額かつ長期」とは指定難病に関わる医療費の月額総額が5万円を超える月が年間6回 以上ある場合です。
⇒ 詳しくはこちら
*2 人工呼吸器等を装着されている方の場合は、世帯の所得に関係なく、自己負担の上限額は 一律1,000円となります。
難病情報センターWebページ: https://www.nanbyou.or.jp/entry/54602021年6月現在からの転載
具体的には
「一般」階層区分が「一般所得Ⅰ」に該当し1ヵ月間の潰瘍性大腸炎またはクローン病の医療費総額が8万円の場合
上限額の図
医療費助成が認められた方は、1ヵ月の医療費が高額となっても、上限額以上の費用負担が発生することはありません。
自治体から交付される自己負担上限額管理票を使って、自己負担の上限額以上の支払いとならないよう管理します。
管理票イメージ
自己負担上限額管理票のイメージ

「軽症高額」とは

  • 軽症の潰瘍性大腸炎の患者さん

  • IOIBDスコアが1点以下のクローン病の患者さん

であっても、高額な医療費を支払っている場合(軽症高額)は助成の対象となりますので、過去の医療費を確認してみましょう。

高額な医療とは

潰瘍性大腸炎またはクローン病にかかった医療費(10割)が1ヵ月で33,330円を超える月が年間3回以上ある場合です。
軽症高額イメージ

「年間3回以上」の「年間」とは

申請の月から起算して過去12月以内の期間
  該当期間1
指定難病と診断された日が申請の月から12月以内の場合
申請の月から診断までの期間
  該当期間2

「年間3回以上」の「3回以上」とは

  該当例
この期間に33,330円(10割)を超える月が3回以上あると、難病医療費助成制度を申請できます。
少なくとも1年分は医療費の領収書を保管しておきましょう。
医者

「高額かつ長期」について

長期間にわたって高額な医療費がかかる患者さん については、負担上限額が軽減されます。

対象となる患者さん
過去12ヵ月間に、潰瘍性大腸炎またはクローン病の医療費総額(10割)が 5万円(2割負担の場合は、自己負担額1万円)を超えた月が6回以上ある
  該当例
上限額は、世帯の所得によって異なります。
階層区分 階層区分の基準 上限額
生活保護 - 0円
低所得I 市町村民税非課税(世帯) 本人年収~80万円 2,500円
低所得II 本人年収80万円超~ 5,000円
一般所得I 市町村民税課税以上7.1万円未満 5,000円
一般所得II 市町村民税7.1万円以上25.1万円未満 10,000円
上位所得 市町村民税25.1万円以上 20,000円
難病情報センターホームページ: https://www.nanbyou.or.jp/entry/5460 2021年6月現在からの転載改変